TOPページカリスリフォームブログ

歳時記より

黄鴬睍睆(うぐいすなく)

2月9日頃
山里で鴬が鳴き始める頃。

春の訪れを告げる鴬は「春告鳥」(はるつげどり)とも呼ばれます。

南信では3月の初め頃、北信では3/20頃が鳴き始める頃らしいですが

 

若鳥は幼い頃に聞いた他のウグイスのさえずりを覚えておいて、

次の年の春にそれを思い出しながらさえずる練習をして、だんだんうまくなっていきます。

梅の花とウグイス

このうまくなっていく過程のことを「プラスチックソング」とか、「ぐぜり鳴き」といい

ところが、実際は、さえずりをすでに覚えているはずの大人の雄も、

毎年春先にはこの「ぐぜり鳴き」のような状態を経て、

上手なさえずりができるようになっていくらしいです。

今年本当に寒く春が待ち遠しいですねぇ。

鶯がはどんな感じで鳴いてくれるのか、早く聞けるのが楽しみです。

「梅と鶯」の画像検索結果