TOPページカリスリフォームブログ

今日は啓蟄です。

啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、

大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。

まだまだ寒い時節ではありますが、一雨ごとに気温が上がり、日差しも徐々に暖かくなってきます。

春雷がひときわ大きくなりやすい時季でもあり

三寒四温でまだまだ春は遠いからしら(>_<)

でもこれからの時期八百屋さんの店先に山菜が並び始めます。

旬の食材で春の訪れを味わいましょう。

 

また農暦では
「すごもりの虫 戸を開く」

まさに冬眠を終えた虫が地上に出て来る、と言う季節で

「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」

なんてあります。
嬉しい様な嬉しくない様な…と、そんな虫たちも出て来る季節、何やら明日から気温がぐっと上昇するとの事。

気温差が激しいと、気温差によるアレルギー症状でくしゃみや鼻づまりなどの症状が出やすくなるそうです。
花粉症との違いは「目の痒み」が無いのが特徴なのだとか。

こんな感じで春がまちどうしいですが・・・