TOPページカリスリフォームブログ

飯田市天竜峡・桜街道

 

飯田市を流れる天竜川の左岸にある、天竜峡桜街道です。

天竜川沿いに2キロに渡って八重桜が植栽されています。八重紅虎の尾です。花弁数が30枚だそうです。

その数250本以上うえられているそうです。

開花中はライトアップもそれそれはそれは見事です。

昨日は真夏日に、この暑さでこの桜もそろそろ見頃が終わりそうです。

是非一度、桜街道を走ってみてください。

 

4/23~5/12は「子供読書週間」です。

読書にかかせない【しおり】

「しおり」というのは、もともと山道を歩くことに関係しています。
たとえば、山道を歩いていて帰る時に道に迷ってしまうと、まわりが木におおわれていて、道がわからなくなってしまいます。

そこで、山道を歩くときに、枝を折って帰り道の目印としたことから「枝折」をしおりというようになりました。

本をどこまでよんだか、わからなくならないように、はさむもの。

ともに、迷わないよに、目印となるものですから「しおり」と言っていると。
桜の花を押し花にして、しおりにしてみたなどうでしょうか

 

本は果てしない言葉の贈り物。。。本の森をさまよってみるのもいいかも知れませんね~

たくさん読んで大きくなーれ!!