TOPページカリスリフォームブログ

小確幸って知ってましたか?

「しょうかっこう」漢字で書くと

「小確幸」知ってましたか?

小さいけど確実な幸せと言う意味で、作家の村上春樹さんが今から30年以上前の

ランゲルハンス島の午後というエッセイの中で

村上春樹さんが作った造語と!

ハルキストの方ならご存知かも知れませんが私は全く知らず‥‥

韓国にも日本の流行語大賞みたいなものがあり

昨年の韓国の流行語がこの「小確幸」だったと

今もこの韓国の若い世代は諦めの時代と呼ばれていて、進学、就職、恋愛、結婚、マイホームなどお金のかかりそうな事は全て諦めてい夢が持てない!

大きな夢が持てないかわりに日々の小さな夢を見つけて楽しもう!

そんな風潮からこの言葉が流行っているそうです!

30年以上前のエッセイに使われた言葉が今、韓国で流行語になっている!

すごい言葉の力だと思いましたが

皆さんは何か小確幸思いつきますか?

ちなみに村上春樹さんがエッセイの中にあげられていた小確幸は

引き出しの中でキチンと折ってくるくると丸めてあるパンツが沢山詰まっている事!

おろしたてのコットンの匂いがするTシャツを頭からかぶる時と!

さすが小説家は表現が素敵ですね(^。^)

せわしなく毎日をボンヤリと過ごしていると小確幸さえ感じ取れないので

今、なんか幸せ〜〜と気づけるときって、気持ちに余裕がある時だと思うので良い事ですよね〜〜

こんな小確幸に気づけるよう、気持ちに余裕をちたいですね(^_^)