TOPページカリスリフォームブログ

彼岸に入りましたね!

3月21日は「春分の日」

暑さ寒さも彼岸までと言いますが本当ですねぇ!!

真東から昇った太陽は真西に沈み、昼と夜との長さがほぼ等しくなり

この日を境に徐々に昼が長くなり本格的な春が始まりますねぇ!!

前後3日ずつ計7日が春の彼岸です。

お彼岸というと・・・「ぼたもち」ですねぇ!!

呼び方の由来は⁈

萩が咲く季節(秋)に食べるのが『おはぎ』、牡丹が咲く季節(春)に食べるのが『ぼたもち』とよく言われます。

母からよく、作る時に聞いていたのが

『ぼたもち』は、牡丹の花をイメージして大きく丸めて作り
『おはぎ』は、萩の花のように小さめに丸められて作るんだにぃ~と!

でもどちらにしても、母の作る物は大きかったけど(*^^)v

 

昔はあんの材料である小豆の状態によってあんこを使い分けていたようです。
春のぼた餅はこしあん、秋のおはぎは粒あんを。

この理由は秋のお彼岸は小豆の収穫期と重なる為、小豆の皮が柔らかく粒あんでもおいしく食べる事ができたからで
逆に春に使う小豆は冬の間保管しているうちに皮が固くなっていて
固い皮が混ざるため、こしあんにとか⁈

 

いずれにしてもお墓参りをして、母ゆずりの大きなぼたもちを作らないと💪

ソース画像を表示