TOPページカリスリフォームブログ

暮らす アップ 情報

新茶シーズン到来!!ですねぇ!

静岡では、ここ10年で一番の出来とか(*^。^*)

美味しいお茶を煎れられるって、日々の生活を大事にしている感じがしますよね(^^♪

 

クリナップの情報誌「水まわり工房」に

『おいしいお茶を煎れましょう』と!

紹介したいと思います。

 

【水】

水道水を使用する場合は塩素を飛ばすために、沸騰してから更に3分沸騰させて、

ひと晩置いてから沸かしなおします。

日本茶は一般的に軟水で煎れるとされており、硬水で煎れた場合は白濁し、味が淡泊になるようです。

【湯】

渋みと甘みのバランスを楽しめ、湯呑みを持っていられる温度が70℃といわれます。

但し玉露は低めの40~60℃で、番茶やほうじ茶は高めの温度で入れると旨味がでます。

【茶葉の量】

お茶の葉は1人3グラム(小さじ1杯)。

普通の急須は約3人分なので10gが目安になります。

【待ち時間】

熱湯だと30秒程度、低い温度なら40秒~2分。

葉がふわっと開きだしたら飲み頃です。

 

余談(^O^)/

《自家製ほうじ茶の作り方》

フライパンを熱し、茶を載せた和紙を置き、火から少し離してフライパンを揺すります。香りが出て色が変わればほうじ茶の出来上がり(^_-)-☆

 

《氷から煎れる方法》

急須に多めの上級茶(玉露や煎茶)と氷を入れ少量の水を注いで30分~1時間置けば。コクと旨味のあるお茶に(^^♪

 

ちょっとしたコツでお茶は美味しくなると💪💪

美味しいお茶をゆっくりと飲んでコロナに打ち克ちまいなぁ~