TOPページカリスリフォームブログ

既存の大引に

 

 

床の高さが変わるため、既存の大引きをのこしたまま

その横に「根太掛け」を

「根太掛け」とは、根太の端を支えるための横木のこと。

土台の上に壁材が乗ってしまうと、根太を乗せる幅を失うことになり、取り付けることができなくなる。

このような場合、根太を乗せるための端材を取り付けて支えることになるが、これを根太掛けと呼ぶ。

手間はかかるものの刻み込んでいくことで、左右のぶれをなくす。